カウンセリングチャート

まずは、テキスト1から始めています。
テキスト1は、教材に入っていた「カウンセリングチャート」のそれぞれの質問の意味などが細かく説明してあり、診断結果ごとに、どういったことに注意しながらメンタルケアをしていくか?というアドバイスが記載されていました。

ということで、まずは私も自分自身でカウンセリングチャートをやってみました。



スポンサーリンク

何の気なしにやってみたけど・・・・

カウンセリングチャート

軽い気持ちでやってみたんですが・・・。
これが意外と当たっていてびっくりしました。

スタートの設問からYES、NOで進めていくのですが、私の診断結果は

カウンセリングチャート

プログラムBでした。
診断結果には、色々細かく書かれていましたが、私が普段から自分自身直したいと思っている

人に合わせすぎてしまう傾向がある
自分の気持ちを抑えてしまう傾向がある

と書かれていて、うわっと思いました。

私、実は見た目と違って(笑)、思ったことを相手に伝えるのが苦手です。
それが、重要なことになればなるほど、言えなくなってしまいます。
人の顔色というか、その場の雰囲気もなぜか敏感に察知してしまうところがあるので、相手の顔を見るとなんとなく色々わかってしまうことが多いんです。

カウンセリングチャート

こんな感じで対策などが書かれているので、まずは自分自身に置き換えて考えてみようと思います。

この設問ひとつひとつの内容とそれぞれのプログラムについて覚えていかなくては!
勉強をしながら、自分自身を見つめる時間ができたのは、やっぱりよかったなと思います。

私って、本当はどんな人なんだろう・・・
それを知っていくのは怖いけど、自分自身をもっともっと好きになるために分析しながらやっていこうと思います。

私が受講している講座はこちらですメンタルケアアドバイザー養成講座
がくぶん通信講座はこちら★資格・技能・趣味…通信講座なら実績No1のがくぶん