メンタルヘルスケアアドバイザーの受講を初めてからちょうど1ヶ月がたちました。
勉強を始めてからすぐに子どもたちが夏休みになったので、毎日勉強はできないかも?!と思いながらも、なんとか少しずつでもコツコツ勉強を続けています^^

予定では、もう少し早く1回めの課題を提出する予定だったんですが、やっと昨日、1回めの課題を提出しました。

メンタルケアアドバイザー養成講座1回めの課題提出

1回めの課題ということだったのですが、これ意外と時間がかかりました。



スポンサーリンク

テキスト2は、覚えることが盛りだくさん!

1回めの課題は、テキスト1で出てくるカウンセリングチャートの部分と、テキスト2(分厚い教科書)の第2章までの範囲なのですが、とにかく暗記しなくてはいけないところがかなり多くて、おまけに似たような言葉がいっぱいあって、覚えるまでにかなり手こずりました^^;

でも、ひとつひとつわかりやすい解説があるし、昔、受験勉強のときに使った覚えのあるマーカー(緑の下敷きみたいなものでマーカーを引いた部分を見ると、文字が見えなくなる、あれですw)を、中3の長男に借りて引きまくり、夜、家族が寝静まった後などに覚えようと頑張りました^^;
(普通の蛍光マーカーを買ったんですが、やっぱり緑の下敷きみたいなものを使うマーカーのほうが覚えやすくて、結局蛍光マーカーはお蔵入りになりました(笑))

これ、イヤイヤやっていたら多分、面白くないしすぐに飽きちゃったと思いますが、自分が興味のあることだからか、覚えるのが楽しかったです♪

それでも、課題をやっていると怪しい部分がいくつかあったのですが、とりあえず提出しました。

この暗記の部分の課題は、穴埋め的な感じで文章があり、文章の中に( )があるのでその部分に適切な言葉を書いていくという課題でした。

いちばん大変だったのが、自己分析回答シート

適切な文章を書いていく課題については、専門用語などを覚えてしまえばそんなに大変だとは思わないのですが(その前の専門用語などを覚えるほうが大変ですが・・・)、課題の中でいちばん大変だったのがカウンセリングチャートによる自己分析回答シートでした。

自己分析回答シートといっても、ノートのような感じで1枚のうち半分以上「分析・気付き」を書く欄があり(罫線が入っています)、下のほうにある「質問」と「講師より」という欄があるシートに、カウンセリングチャートを実際に自分でやってみて感じたことや気づいたことを書いていくのです。

もうひとつの課題は、穴埋め的な問題を解くのでいいのですが、自己分析回答シートは、最初から自分の言葉で、カウンセリングチャートをやってみてどうだったか、どう感じたか、気づいたことを書いていかなくてはならず、何回も何回も書き直しをしました。

それでも結局、うまく文章をまとめることができずに、思ったことをそのまま書いてしまいましたが、うまく文章を書くことが目的ではなく、思ったこと、感じたこと、気づいたことを書くのが目的だから、いいかなと^^;

1回めの課題が返ってくるのは約3週間後

今回、1回めの課題を提出しましたが講師の方が添削してくださったものが返送されるのが、約3週間後。
その間に、2回めの課題の範囲を勉強しておいて、1回めの課題が返送されてきてから、2回めの課題を提出します。
(添削していただいた課題が返送されるまでは、次の課題を送ることができません)

2回めの課題の範囲を、勉強し始めたのですがやっぱり段々難しくなってきますね^^;
2回めの課題にも、穴埋め的な問題がありますが、その他にセルフカウンセリングの用紙が3枚と、セルフヒーリングの用紙が1枚あります。

セルフカウンセリングの用紙が3枚あるのですが、これが今のところ2回めの課題の中で山場的な存在かも(笑)
かなり書くことが多そうなので、じっくりやっていきたいと思います!

私が受講している講座はこちらですメンタルケアアドバイザー養成講座
がくぶん通信講座はこちら★資格・技能・趣味…通信講座なら実績No1のがくぶん